食品化学科

2018年12月17日

クリスマスに向けて

1年生の科目『食品製造』でスポンジの製造実習を行いました。一人ひとりクリスマスケーキを持ち帰るための第一歩です。共立て法で作るので皆、四苦八苦!「肩の力を抜いてー」「洋菓子の基本だよ!」初めてのスポンジのできあがりに一同笑顔になりました。 先輩の作品にあこがれて…「これすごいよね♡」

2018年12月17日

食品化学科プロジェクト発表会(FFJ山梨...

12月13日プロジェクト発表会がおこなわれました。日頃『課題研究』の授業の中で2・3年生が協力して取り組んだ成果を発表しました。食品の抗菌作用、古代米、天然酵母、ワイン醸造やワインの活用法、水質浄化、災害避難所における食…等々食に関わる12の発表がありました。この科目を通じて食品化学科生徒の縦の繋がりの強さを感じました。1年生も関心を持って発表に聴き入っている様子が印象的でした...

2018年12月17日

甲州ワインビン詰しました

12月13日学校設定科目『ワイン製造』の授業で甲州ワインのビン詰をしました。ろ過工程により透き通ったワインになったものをビン詰、720mLになるよう調整、コルク打栓(今年は長いコルクにしました!)、キャップシールにて封印しました。この後、ラベル貼りの作業があります。 (一般販売はしておりません)濾過機の構造確認ビン詰工程  内容量調整キャップシール封印

2018年11月26日

果実酒品質評価(アルコール分)を行いまし...

今年収穫、醸造した甲州種葡萄酒のアルコール分析を「蒸留-密度(比重)法・浮ひょう法」により行いました。この後、清澄、おり引き、濾過、瓶詰の行程を経ます。  

2018年11月23日

専門学習のその先 / インターンシップ

入学当初、異物混入防止の為の服装を学習した1年生。実際の製造現場では、更に次元の高い服装でした。マネージメントの父PETER DRUCKERの言葉"WHAT IS OUR BUSINESS?" "WHO IS OUR CUSTOMER?" "WHAT DOES THE CUSTOMER CONSIDER VALUE?"が掲げてありました。3日間ご指導頂いた関係者の皆様に深く感謝...

2018年11月19日

食パン(プルマンブレッド)製造しました

今日からインターンシップが始まりました。食品化学科生徒の内、本日が受入日でない生徒は学校で食パン製造に挑戦しました。食パン型に入れ、蓋をして焼くので「角食」とも呼ばれます。一方、蓋をしないで焼く「山食」は、「イギリスパン」とも呼ばれます。これこそ「プルマンブレッド!!」

2018年11月17日

3年食品製造『マヨネーズ』を作りました

鶏卵の加工特性を学習し、マヨネーズの製造実習へ!乳化の善し悪しで色と甘味に差が出たと感想が聞こえました。製造中、本校圃場で収穫されたブロッコリーが売られていたので早速購入。取れたて茹でたてのブロッコリーに、作りたてのマヨネーズ。この笑顔をご覧下さい!!

2018年11月17日

石和福祉健康まつりに参加しました

11月11日(日)スコレーセンターで行われた福祉健康まつりに今年も食品化学科1年生が参加しました。幼児から高齢者の方まで多くの年齢層の方々に購入して頂きました。「どうやって作るの?」と尋ねられ、用意した模造紙を活用しながら説明したり、「卵や乳製品は入っているの?」とお子様のアレルギーを心配されてのお尋ねに「卵や乳製品は使っていません」と的確に答えることができました。また、向かい...

2018年9月20日

赤ワイン製造が始まりました

食品化学科の3年生の授業で、赤ワインの製造が始まりました。 不良顆粒の除去を丁寧に行い、果汁の酸化防止の方法を学びながら除梗・破砕を行いました。 11月には白ワインも製造します。