教育実習の受け入れについて

1 教育実習受け入れの条件
本校では、以下に該当する者のみ教育実習の受け入れを行う
 
・公私立を問わず、教員採用試験を受験する明確な意思のある者
・本校に専任教諭がいる教科等での実習を希望する者
・在学している大学に付属の中学校、高等学校がない者
・6月、または9月に4週間以内の実習を希望する者

 
 

2 申し込み
受け入れの可否を決定する前に以下の手続きを行うこと
 
①実習を希望する前年度の5月末日(平日のみ)までに電話連絡をする
℡ 055-262-2135  教務係教育実習担当
②E-Mailにより連絡先を教育実習担当に送信する
送信先のアドレスは①の電話連絡の際に担当者から伝える
送信する項目: 氏名、高校卒業年度(卒業学科)、在籍大学(学部・学科)、実習希望教科(科目)、実習希望日数(週数)、連絡先(電話・E-Mail・住所)
③上記①②を済ませた上で6月末日(平日のみ)までに来校する
 
来校する日時については、本校教育実習担当と相談の上決定する
実習申し込みに係る必要書類等の受け渡しを行う(7月末日まで。郵送可)

 
 

3 受け入れの可否
提出された書類、及び、本校管理職による面接によって受け入れの可否を判断する
 
・面接は、実習を希望する前年度の8月に実施する(日時は別途通知する)
・必要な書類が提出されない者、面接を受けない者の受け入れは行わない
・教育実習への適性を欠くと判断した者の受け入れは行わない
・内諾後、適性を欠くと判断した場合にも受け入れを取り消す

 
 

4 教育実習の事前打合せ
・実習を行う年度の4月末日までに来校する日時を決定する
・実習開始日の2週間前には、指導担当教諭との打合せを完了させる
・受け入れ内諾後の諸書類の授受、及び、連絡は随時行う

 
 

5 その他
・本校では「教育実習費」の徴収はしていない(教材等の実費負担はあり)
・実習に際して、大学職員等への来校要請を本校は行っていない
・実習中の移動手段は、公共の交通機関の利用を原則とする
・本校校長がやむを得ないと判断した場合、本校卒業生以外の受け入れも行う
・実習は6月実施が原則であるが、実習生の人数等により9月に行うこともある

記事検索

最新記事:5件

2019年10月3日

かけがえのない存在

2019年10月2日

Mt.Fujimaki 会場清掃ボランティア

2019年10月2日

ワイン製造

2019年10月1日

第62回山梨県母親大会~Mt.FUJIMAKI2019

2019年9月27日

山梨大学出前講座

PDFファイルの参照には ADOBE READER (無料)が必要です。
上のバナーから ADOBE READERのダウンロードサイトへアクセスし、お使いのOS環境に最適なバージョンの ADOBE READER をダウンロードして下さい。