美術

2022年2月22日

「富士さんへの謹賀新年」コンクール入賞(...

第19回「富士さんへの謹賀新年」コンクールにおいて、宮川結衣さん(2学年・美術部所属)の作品が入賞しました。 このコンクールは、富士山ボランティアセンターが主催し、「富士山に宛てた年賀状」を募集するというものです。 全国より1600点を超える作品が寄せられ、審査の結果、宮川さんの作品が優秀賞に選ばれました。 入賞20点を含む入選作品200点は、山梨県立富士山世界遺...

2022年1月11日

「ポストコロナヲヨゲンスル」再来

昨年度、「芸術I」の授業にて、食品化学科・果樹園芸科・普通科の1年生が合同で制作した作品「ポストコロナヲヨゲンスル」が展示されます。 この作品は、江戸時代に感染症の大流行を予言したとされる「ヨゲンノトリ」をモチーフにした壁面立体です。昨年3〜5月の間、県立博物館のエントランスロビーで展示した作品の再来です。 私たちは新型コロナウイルス感染症の世界的なパンデミックの渦中に...

2021年11月28日

第62回山梨県高等学校美術連盟展

11月27日から12月3日まで、山梨県立美術館で、山梨県高等学校美術連盟展が開催されています。県内の美術部員が今年制作した作品が数多く展示されています。 本校美術部も一年生から三年生まで作品を出品していますので、1年間の成果をぜひご覧ください。

2021年11月21日

第42回高等学校芸術文化祭「美術・工芸部...

                                  11月26日金曜日まで、山梨県立美術館で...

2021年10月26日

美術部制作「北斎アレンジ画」石和温泉に設...

石和温泉観光協会より依頼を受け、笛吹高校美術部の生徒たちが北斎の「甲州伊沢暁」を現代風にアレンジし絵画を制作しました。そのアレンジ画が、石和温泉の足湯広場に壁画として恒久設置され、26日にその除幕式が執り行われました。 その式典に部員全員で出席し、関係者や来賓の方々に向けて紹介していただきました。部長の石原来望さんは各報道機関の取材を受け、作品の内容や制作意図などを説明しまし...

2021年10月8日

美術部「望月春江賞展」入選

公募展「望月春江賞」に、1年普通科の小林蒼生さんと、1年総合学科の鈴木理央奈さんが油彩画を応募し、審査の結果、どちらの作品も入選しました。 全ての入選作品は、10/10(日)まで山梨県立美術館の県民ギャラリーにて展示されています。ぜひ美術館に足をお運びください。

2021年9月13日

美術部の制作展示「自分のための巣をつくる...

山梨県立美術館が実施している事業「みんなでつくる美術館(みなび)」に笛吹高校美術部が参画し、美術館にて10月3日(日)まで作品を展示しています。「自分のための巣をつくる」というテーマを手掛かりに、高校のどこに自分たちの「巣」を設置するか考えながら、制作しました。   作品タイトルは「天空の巣・たまご」です。部員にとって部活動のために集まる美術室は、まるで我...

2021年8月3日

UTY教育美術展

8月3日(火)から山梨県立美術館 県民ギャラリーにおいて、第47回UTY教育美術展が行われています。 本校美術部から7名が出品し、2年4組の宮川結衣さんの作品「無二」が優秀賞を受賞しました。 県内の小・中・高校、支援学校から寄せられた絵画作品が一堂に展示されています。暑い中ではありますが、ぜひ美術館に足をお運びください。

2021年8月2日

美術部「富嶽三十六景アレンジ画」

葛飾北斎が富士山の風景を各地で描いた「富嶽三十六景」は世界的に有名な浮世絵です。その連作の中に笛吹市内から富士山を望んだ絵「甲州伊沢 暁」があります。夜明けに宿場を旅立つ人々の様子が描かれ、朝霧の向こうには朝日の逆光で闇をまとった富士山が望めます。 この富嶽三十六景のアレンジ画の制作依頼が、この春に石和温泉観光協会より美術部にありました。北斎が描いてから185年経った時の...

2021年7月5日

茶道部・美術部 合同活動

茶道部の活動に美術部員が参加し、お点前を頂戴しました。 コロナ禍によって社会全体で文化活動の機会が少なくなっています。文化活動は人の繋がりや絆をつくる社会にとって大切な要素なのですが、自粛が続き当校文化部の活動にも影響が出ています。こんな時だからこそ、横の繋がりを強め、交流を通して活動を活性化させていきたいと考えています。 茶道部と美術部は今後も交流を続け「茶美コラ...